バスと子供

昨日の夕方のこと。






バスの中で、小さな子がアイスが食べたい、と泣きわめいている。

バスに乗る前からその状態だった。

お母さんはそのまま抱っこしながらバスに乗ってきた。

2歳ぐらいの女の子は、車内でもずーっと「アイスが食べたい」と泣きわめき続ける。

乗客は皆んな、ガマンの空気。


その鳴き声を聞きながら、娘が2歳の頃を思い出す。

当時、まだおっぱいを飲んでいた娘。

職場だったリゾートホテルの敷地内に作られた保育園に預けていた娘をお迎えに行き、帰りのバスに乗るや否や 「ぱいぱい」と乳房を吸いたがる。

石垣島のバス、ほとんど乗客がいなかったのもあって、私はいつもそうなったらバスに乗りながらおっぱいを飲ませていたことを思い出す。


おっぱいは便利。

飛行機の離陸の時もおっぱいを飲ませながら離陸したり(笑)


いま泣いている子のお母さんは気の毒だな。
都会の子育ては大変。

ほぼ満席のバスの中、凍りついた空気の中を、ただひたすら抱っこしているしかない。


私ならどうするかな?


女の子が泣いていたのは「バスに乗る前から」だったから、とりあえずバスは一本見送って、コンビニでアイスを買って食べさせ、心落ち着いたところでバスに乗るかなぁ。


これは世の中では「甘やかしになる」と言うのだろうけど。

私はその要求に応えて満足させてしまう。

おっぱいもそうした。

いつか必ず自然と離れていくんだもの。


バスに乗る前に、アイス食べても飴を舐めても、その子の人生は狂いやしない。

むしろ、バスという公共の乗り物に乗る以上、それなりの工夫って必要なんじゃないかな、と思う。

それか、車内でずーっと泣きわめいているので、一旦次のバス停で途中下車して、落ち着いてからまた次のバスに乗るかなぁ。


小さな子供がいると、色々と時間がかかる。

でも、働いてるお母さんは忙しい。


ゆっくりでいい、っていう気持ち、子供のペースに合わせても大丈夫、っていう気持ちが当たり前になりますように。

社会も大人も。













calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM