アミ小さな宇宙人

夏休みの間、「読書5冊」という宿題を出された娘。




「アミ小さな宇宙人」を3冊貸してあげた。











毎日少しずつ読んでいるみたい。
この前、寝る時にアミの一節を音読してくれた。







娘「我々の内部には障害があって、それが我々の一番素晴らしい感覚である愛を、はばんだり、ブレーキをかけたりしているんだ。

その障害って?

エゴだよ。自我、自己、うぬぼれ。我々自身に対する間違った考え。ニセの自分だよ。


人にエゴがたくさん育っていると、他人よりも自分がずっと重要だと考えるようになり、人を軽蔑したり、傷つけたり、利用したり、他人の人生を支配する権利まであるように思いこんでくる。




エゴは愛が育つさいの大きな障害になっているから、他人に対する慈しみ、思いやり、あわれみ、やさしさ、愛情などを感じさせにくくするんだよ。




たとえば、エゴイスト・・・・自分以外まったく興味を持っていない。
自己崇拝者・・・・自分以外の誰も崇拝しない。
自己本位者・・・・自分のことしか話さない。
自己中心主義者・・・・宇宙が自分を中心に回っていると思い込んでいる人。


人間の進歩とは、エゴを減少させて、愛が育っていくようにすることを言うんだよ。」





私「はい、勉強になります。」






私もまた読み直そうかな、アミシリーズ。






ここ数日の間で、これからどう生きるかハッキリしてきたところです。。








(自転車に乗って買い物に行く途中のソラ。)

関連する記事
コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM